まずは治療を

交通事故にあって怪我をしてしまった場合には、先ずは身体をしっかりと治す事に集中するようにしてください。入院費用などが捻出する事ができないと思って、治療を拒否される方もいらっしゃいますが、病院には、第三者後遺障害として保険適用なしでの治療を求めることも出来たり、通常通りに健康保険や労災などの公的な保険を使っての治療も可能です。ご家族や知人に頼んで市区町村の窓口で第三者行為の届出はどちらにせよ必要になりますので届け出るようにしてください。

その後、退院し通院が終り怪我が完治するようになったら、どの程度入院し、どの程度通院したかを確認する必要があります。この入院期間と通院期間と通院回数が加害者との示談交渉の判断基準になるからです。

また、事故の被害が大きい場合には、後遺障害の残ってしまう可能性があります。後遺障害になってしまったら、後遺障害用の慰謝料をプラスアルファで受け取る事ができます。そのため、交通事故が起きてしまって、被害者になってしまった場合には、直ぐに慰謝料を取ろうと焦らずに、先ずは落ち着いて交通事故で受けた怪我を治し、完全に体調や怪我を治さなければ、後々慰謝料の請求などで損をしてしまう可能性が極めて高くなるという事なのです。