Monthly Archives: 11月 2016

弁護士に依頼する

治療が終わり、症状が安定したらいよいよ保険会社との話し合いが始まります。病院に入院していた日数、通院した期間と通院した回数によって、受け取る事ができる慰謝料が変わってきます。こちらは、相場がしっかりと出ていますので、相場を含めて話し合う事ができます。

また、治療中に使用した電車やバスなどの公共料金の支払いで使った金額であったり、仕事を休んでいた時に本来だったら受け取る事ができたお給料のマイナス部分、実際に治療にかかった金額や、入院中のパジャマやタオル代、テレビ代などもしっかりとレシートなどを準備して提示する事が重要になります。

保険会社はできるだけ支払う金額を少なくして来ようとあの手この手を使ってきます。ある程度話し合いをしたら、そのまま資料を持って弁護士事務所に行って弁護士に依頼する事をおすすめします。弁護士は、交通事故の被害者からの依頼の場合には、着手金なども取らずに引き受けてくれる所が増えています。
保険会社が提示してきた示談金を見て、これが高いのか安いのか判断できないような場合には、弁護士事務所に相談して交通事故の示談交渉を依頼するのもおすすめです。